電験3種 勉強方法 初心者

初心者が電験3種に取り組もうとするとき、
どのような勉強方法を取ったらいいのか?

4科目ありますし範囲も広いため、
私も最初見たときは途方にくれました。

こんな問題解けるわけないでしょ!
というのが正直なところです。

このブログの中で私が一貫して言っていることですが、
過去問を見てみる。

「解く」ではなく「見る」で良いと思います。
過去問を解き続けることが最適な勉強方法になります。

だから電験3種の初心者の勉強方法の指針としては、
過去問を見て、慣れる!
資格試験はとにかく過去問。
抽象的ですがこのように感じます。


電験3種 勉強方法 独学

電験3種を独学で勉強することは可能か。
私は独学で合格することができたので、
勉強時間をしっかりと確保できれば可能でしょう。

電車の中、休み時間などの隙間時間を
電験3種の勉強に当てていました。

勉強方法をとしては、

・家(またはカフェ)では過去問中心
・隙間時間では、できなかったところをチェック

を繰り返していたように思います。
あとは比較的時間の余裕があったのと、
電験2種の取得も目指していたので、
記述式の問題も意識して解いていました。

仕事などで勉強時間の確保が難しい場合は、
独学よりも通信教育の方が効率が良いかもしれません。

電験3種 勉強方法

仕事と並行しながら資格試験の勉強をすることは大変です。
18時に会社に帰れるとしたら、家に着くのは19時ぐらい。

夕食を食べて、お風呂に入って・・・
なんてしていると勉強できるのは21時ぐらい。
結構、時間が足りません。

電験3種は3年間で4科目合格すれば良いことになっています。

なので、1年目は2科目だけ合格を目指す。
次の2年で残りの2科目を集中して勉強する。

上記のような考え方も確かにあります。
けれども、私の勉強方法は上記ではなく、
1年間で4科目合格することを目指してきました。

忙しくても、勉強できる時間がなくても4科目の合格を目指した方が
勉強の効率が上がると思っています。

範囲は確かに広いのですが、一気に4科目勉強した方が
科目間のつながりもわかってきます。

電験3種の勉強方法は人それぞれですが、参考にしてみてください。